ページタイトル,アメージングドライフラワーの作り方と美しさの理由




トップページへ戻るボタン

作品ショップページへ行くボタン
ドライフラワーの作り方ページへ行くボタン
ドライフラワー画像集ページへ行くボタン
ご注文ページへ行くボタン

ユーザー様ご紹介ページへ行くボタン


レジンフラワーページへ行くボタン
レジンフラワーテキストご注文ページへ行くボタン
レジン材料カタログページへ行くボタン


プロフィールページへ行くボタン
製法の使用権ご説明ページへ行くボタン
特定商取引法表記ページへ行くボタン
お支払方法ご説明ページへ行くボタン
送料ご説明ページへ行くボタン

ブログページへ行くボタン



ご質問などございましたら
ご遠慮なくお問い合わせください。
電話番号
平日朝9~17時の間でお願いします。



お問い合わせフォームへ行くボタン



季節の花の
アメージングドライフラワー
【ガーベラ】

ガーベラもきれいなドライフラワーに
仕上がりますよ

黄色,ピンク色,赤色の生花のようにカラフルなガーベラのアメージングドライフラワー画像

スパイダー咲きガーベラ
濃いピンク色のスパイダー咲きガーベラのアメージングドライフラワー画像

大輪ガーベラ
オレンジ色の大輪ガーベラのアメージングドライフラワー画像

新品種ガーベラ
イエローの新品種ガーベラのアメージングドライフラワー画像

ガーベラ・パスタベネチア
花びらがロール状に巻いているピンクのガーベラ・パスタベネチアのアメージングドライフラワー画像

ガーベラのレジンフラワー
3色のガーベラを透明なレジンに封入したレジンフラワー画像

簡単できれい
新しいドライフラワーの作り方は
シリカゲルを超える仕上がりで
作品作りの楽しさアップ


ひまわりのアメージングドライフラワー
◆生花に見えるひまわりのアメージングドライフラワー◆



新製法アメージングドライフラワーの作り方と
美しさの理由、飾り方、楽しみ方を
製法考案者がお教えします



シャクヤク
ピンク色のシャクヤクのアメージングドライフラワー


ページメニュータイトル画像
 
『アメージングドライフラワー製法の作り方』の項目へ行くリンクボタン
『美しく仕上がる理由』の項目へ行くリンクボタン
『レジン作家が新製法を考案した理由』の項目へ行くリンクボタン
『アメージングドライフラワーにできる花・できない花』の項目へ行くリンクボタン
『作品の作り方~アレンジ・飾り方・保存』の項目へ行くリンクボタン 
 
『制作キットの内容と製法の活用方法』の項目へ行くリンクボタン 
『よくあるご質問とご回答』の項目へ行くリンクボタン 


各種ドライフラワー・作り方と特徴


従来のドライフラワーの作り方には、おもに2種類ありました。

1,お花を吊るして自然乾燥させる作り方(ナチュラルドライフラワー)
2,お花をシリカゲルに埋めて乾燥させる作り方(原色ドライフラワー)


1のナチュラルドライフラワーはもっともポピュラーな作り方で、一般的に『ドライフラワー』と言えば自然乾燥させたナチュラルドライフラワーのことを意味します。

長所⇒一度にたくさんのドライフラワーを作ることができる。

短所⇒花も葉もしわくちゃに縮れてしまい、色も茶色っぽく変色する。(ただし、こうしたアンティーク風の枯れた味わいを好む方はとても多いです)


2の原色ドライフラワーは、約50年ほど前に日本で発明された作り方です。

長所⇒元の花の色と形をある程度残したドライフラワーを作ることができる。

色が鮮やかで、見た目が生花に近いので、ハーバリウムやキャンドル、レジンに封入するアクセサリーや小物作りに活用されてきました。

短所⇒茎や葉を付けたままでドライフラワーにすることがむずかしい。

一度にたくさん作るには、たくさんの仕込み容器と保管しておく場所が必要となる。

シリカゲルが取れなくなることがある。

花びらが縮んだり、シリカゲルの痕が付くことがある。

シリカゲルは使うたびに花に含まれるたんぱく質や油分などの不純物を吸着してしまうため、徐々に吸水力が落ちていくので、定期的な買い替えが必要となる。


アメージングドライフラワーは原色ドライフラワーを改良して
より生花に近いドライフラワーを作るために考案された製法です。



アメージングドライフラワー製法の作り方


アメージングドライフラワーの作り方は
シリカゲル製法とあまり変わりません。
基本的な作り方(お花の仕込み方)をご説明しましょう。



まず仕込む容器に乾燥剤を入れます。
乾燥剤の量は、花の水分量に
合わせて加減します。
乾燥剤が多いほど速く乾燥しますから
美しいドライフラワーを
作ることができます。


乾燥剤はアメリカ企業の特許製品で
日本の合弁会社から特別な許可を得て
購入しています。

アメージングドライフラワーの作り方の説明画像,乾燥剤を容器に入れている



花を入れて、ヘラや竹串などで
花びらの形を整えながら
埋設材で埋めていきます。
埋設された時の形で
ドライフラワーになりますから
丁寧に埋めることで
美しいドライフラワーを
作ることができます。
アメージングドライフラワーの作り方を説明している画像,埋設材でバラを埋めている



乾燥剤を入れます。
花の上下に乾燥剤を入れるのもポイント。
アメージングドライフラワーの作り方を説明している画像,乾燥剤を入れている



花の種類や大きさに合わせて
仕込み容器を用意して
一度にたくさんの花を
乾燥させることもできます。

アメージングドライフラワーの作り方で一度にたくさんのバラを仕込んでいる画像












容器は丈夫なものであれば
100円ショップで売っている
食品用のタッパーなど
安価なものでもOKです。


埋設材を入れます。
埋設材は鉱石を粉砕して研磨加工した
日本製の安全なものです。

アメージングドライフラワーの作り方を説明している画像,埋設材を入れている




埋設材で完全に埋めます。
とても細かい粒の埋設材が、花びらを
均一にプレスするため
シワやへこみのない
生花のままの美しさを保ちます。


アメージングドライフラワーの作り方を説明している画像,埋設材でバラを埋めている



埋設材を入れます。
容器内部の空気をできるだけ
少なくすることも美しさの秘密なのです。

アメージングドライフラワーの作り方を説明している画像,埋設材を入れている


ここまでが基本の作り方(お花の仕込み方)です。
シリカゲルで乾燥させる作り方とほとんど変わりません。
埋める工程を、乾燥剤と埋設材に分けることで
美しいドライフラワーを作ることができるのです。

花に含まれる水分量や、入れる乾燥剤の量によって乾燥期間は異なりますが
マーガレットなどのような水分の少ない花でしたら5日ほどで
ミニバラなら約1週間、一般的なバラで約2週間程度でドライフラワーになります。


乾燥剤はオーブントースターで30~40分加熱再乾燥させることで
繰り返し何百回でも何年でも使うことができ、しかも吸水力は変わりません。
また、とても硬いのでこわれることもありません。

埋設材は水分を吸わないので再乾燥の必要はなく
そのまま保管して繰り返し何百回でも使うことができます。



乾燥したドライフラワーを取り出します。
急いで取り出して失敗するよりは、長めに日数をかけて
しっかりと乾燥させます。

制作キットに付属の濾し器で
乾燥剤と埋設材を濾してわけます。
ドライフラワーがこわれないように
少しずつ乾燥剤と埋設材を取り出します。
アメージングドライフラワーの作り方を説明している画像,仕込んだバラを取り出している




クリーニングしたドライフラワーは
キットのシリカゲルと一緒に
密閉容器に入れて保管します。
作ったドライフラワーをシリカゲルと一緒に密閉容器に入れて保管している画像






取り出したドライフラワーに
埋設材が付いている場合は
キットに付属の筆でクリーニングします。
アメージングドライフラワーの作り方を説明している画像,取り出したバラに付いている埋設材を筆で落としている


大きめの仕込む容器を用意して仕込み方を工夫すれば
茎付きのままでもドライフラワーを作ることができますよ。

枝付きサクラの仕込みの様子
アメージングドライフラワーの作り方でたくさんの桜のドライフラワーを作っている画像


花も葉もまるで生花のようにみずみずしい
アメージングスタイルドライフラワーの桜
生花のようにみずみずしい桜のドライフラワーの画像


枝付きのニゲラのドライフラワー
ニゲラのドライフラワーの画像

一般的なニゲラの
ドライフラワー画像
茎付きチューリップのドライフラワー
茎の付いたチューリップのドライフラワーの画像

一般的なチューリップの
ドライフラワー画像


この基本の作り方のほかに、押し花とドライフラワーの中間の厚みで乾燥させる
「半立体ドライフラワー」の作り方もテキストで解説しています。
押絵の羽子板のようなアレンジメントや
プレートタイプのレジンフラワー作りに活用できます。



新製法のドライフラワーの作り方で作ったシクラメンの半立体ドライフラワーの画像



半立体ドライフラワーを閉じ込めたレジンフラワーのインテリア
シクラメンのドライフラワーをエポキシレジンに閉じ込めて作った置き時計の画像


アメージングドライフラワーはこんな方におススメ

 ◆シリカゲルで作るドライフラワーに満足できない方
 ◆市販の花材の品質や種類に満足できない方

※ハーバリウムやボトルフラワーに使う市販の花材は
慢性的な品不足のため、簡単にドライフラワーにできる
スターチスやカスミソウ、千日紅、ヘリクリサム(帝王貝細工)
ばかりで、同じような作品が多くなっています※

 ◆美しいドライフラワーで人とは違う作品を作りたい方
 ◆記念の花をきれいに残したい方
 ◆新しい製法をご自身の教室のレッスンに取り入れたい方
 (許諾、製法の使用料は一切不要)
 ◆ロスフラワーを減らしたい花卉生産者






累計ご利用数
2022年6月現在
約2,660名様
(個人、教室、生花店、花卉生産者)


17日 岐阜県のH様、埼玉県のY様
20日 愛知県のI様
21日 茨城県のK様
22日 京都府のF様
25日 静岡県のS様

アメージングドライフラワーをお始めになりました。
ありがとうございます





美しく仕上がる理由


★吸水力がシリカゲルの約3倍の、強力な乾燥剤を使うことによって
花が速く乾燥するため、花が新鮮で元気なうちにドライフラワーになります。


(拡大画像 直径2ミリ程度)
新製法のドライフラワーの作り方で使用する乾燥剤の画像


★乾燥剤はオーブントースターで加熱し再乾燥させると
くり返し何度でも使えて、吸水力が劣化しないため
綺麗なドライフラワーを作り続けることができます。


★シリカゲルよりもはるかに微細な埋設材で花を埋めることで
花びらを均一にプレスするため、花びらの縮みやシワが抑えられます。


★埋設材は石英という鉱石を細かく粉砕して
研磨加工によって表面がなめらかになっているので
花びらにキズがつきません。


下の画像(顕微鏡で拡大)
左:ドライフラワー用シリカゲル
右:新製法で使用する埋設材
シリカゲルと埋設材の顕微鏡画像で粒の大きさを比較している

ドライフラワー用のシリカゲルは
拡大してみますと割れたガラスのように鋭くとがっています。
これでは繊細な花を傷めてしまいます。


★アメージングドライフラワー製法では密閉状態で花を乾燥させるため
自然乾燥のように季節や天気による湿度の影響を受けず
いつでも作ることができます。


★100円ショップで売っているもので減圧することで
花に含まれる水分がより多く放散させられるため
約20~30%乾燥を速めることができます。

減圧によって花が水分を速く、多く放散する様子をご覧ください。
わかりやすくするために、埋設しない状態で見ていただきます。

新製法のドライフラワーの作り方で、速く乾燥させる方法を説明している画像


減圧をせずに1時間経過した状態

放散した水分がガラス面に
うっすらと結露しています。


新製法のドライフラワーの作り方で、速く乾燥させる方法を説明している画像
減圧をして1時間経過した状態

あきらかにより多く水分が
放散されています。

新製法のドライフラワーの作り方で、速く乾燥させる方法を説明している画像


放散された水分は、乾燥剤によってすばやく吸収されます。
減圧することによって、約20%乾燥時間を短縮することができます。
乾燥時間が速ければ速いほど、花が元気なうちにドライフラワーになりますから
美しいドライフラワーを作ることができるのです。

また、減圧をすることで、花びらが縮んでシワになることを防ぐ効果もありますから
より生花に近い姿で乾燥させることができるのです。



ラナンキュラスの生花とアメージングドライフラワーの比較。
矢印でしめしているのがドライフラワーですが
生花との区別がつきません。
ラナンキュラスのアメージングドライフラワーと生花のラナンキュラスを比較している画像

一般的なラナンキュラスのドライフラワー画像と比較 >>>


アルストロメリアのアメージングドライフラワー
オリジナル製法で作ったアルストロメリアのドライフラワーの花束

一般的なアルストロメリアのドライフラワー画像と比較 >>>


シリカゲルではきれいに作れない小さな花も
生花の姿のままでドライフラワーにすることができます。

スミレ
新しいドライフラワーの作り方で作った小さなスミレのドライフラワー画像
ネジバナ
新しいドライフラワーの作り方で作った小さなネジバナのドライフラワー画像
サクラ
新しいドライフラワーの作り方で作った桜のドライフラワー画像
一般的なサクラの
ドライフラワー画像と比較 >>>
クジャクアスター

一般的なクジャクアスターの
ドライフラワー画像と比較 >>>


【新製法の素晴らしさがよくわかるガーベラのドライフラワー】

新製法で作ったガーベラのドライフラワーは
この製法のすぐれている点がよくあらわれます。

ガーベラは内側に小さい花びら、外側に大きめの花びらがあり
自然乾燥やシリカゲルでドライフラワーを作りますと
花びらが縮んだり、つぶれたり、波を打ったり、へこんだりして
あまりきれいな仕上がりになりません。

自然乾燥、シリカゲルで作ったガーベラのドライフラワー画像を見る >>>


アメージングドライフラワー製法で作ったガーベラは
花びらがピンと伸びて生花のように生き生きとしていて
ドライフラワーには見えません。

いろいろな色、品種のガーベラの
アメージングドライフラワーをご覧ください。
生花に見えますが、すべてドライフラワーです。

ピンクのガーベラのアメージングドライフラワー
ピンク色のガーベラのアメージングドライフラワーの画像


真っ赤なガーベラのアメージングドライフラワー
真っ赤なガーベラのアメージングドライフラワーの画像


黄色いガーベラのアメージングドライフラワー
3輪の黄色いガーベラのアメージングドライフラワーの画像


ピンク色のガーベラのアメージングドライフラワー
クローズアップ画像
クローズアップして見ても生花と区別がつきません
ピンク色のガーベラのアメージングドライフラワーのクローズアップ画像


黄色から赤色へのグラデーションが美しい
ガーベラのアメージングドライフラワー
黄色から赤色へのグラデーションが美しいガーベラのアメージングドライフラワーの画像







レジン作家が新製法ドライフラワーを考案した理由


考案者人物画像
新製法ドライフラワー考案者
熊崎 堅一 プロフィール >>>
監修テキスト本

『透明樹脂・レジンでつくる
アクセサリー&雑貨』
(オンドリ社刊)

『レジン・透明樹脂で作る
アクセサリー』
(河出書房新社刊)

『アクセサリー作りのための
レジンの教科書』
(河出書房新社刊)


レジン造形作家の私が独自のドライフラワーの作り方を考案したのは
透明なレジンの中に、花を封入した作品を作りたかったからです。

でも、レジンに生花を入れますとすぐに腐敗してしまいますから
まずはドライフラワーを作る必要があります。


ドライフラワーの作り方は、おもに2種類あります。

◆ハンギング(吊るす)による自然乾燥
◆シリカゲル製法(原色ドライフラワー製法)


お花を吊るして乾燥させたナチュラルドライフラワーは
枯れて茶色く変色します。
そのアンティークのような風合いを好まれる方も多いですが
枯れた花では私の作品イメージに合いません。

それで、生花に近いドライフラワーを作ることができる
シリカゲルに埋める作り方でドライフラワーを作ってみました。
シリカゲル製法は、今から50年以上前に
日本人によって考案された素晴らしい製法です。


でもシリカゲルで作ったドライフラワーは
花びらが縮んでシワになり、シリカゲルの粒のヘコミができます。

そのドライフラワーをレジンの中に固めてみたところ
花びらのシワやヘコミの陰影が強調されて
生花のようには見えなかったのです。
美しい花でなければ、私にとって作る意味がないのです。


シリカゲルで乾燥させたドライフラワーと
私が考案したアメージングドライフラワーを比較してみましょう。


「アスター」
シリカゲルで乾燥させたアスターのドライフラワーとアメージングドライフラワーのアスターを比較している画像

レジンに封入したもの


このクオリティーでは、私がイメージしていた
レジン作品にはなりません。

『本当に美しいレジンフラワー作品を作るには
生花と変わらないドライフラワーが必要だ』


その想いからネットや図書館で、ドライフラワー製法に関する情報を
世界中から探し集めましたが
シリカゲルで作るドライフラワーより
きれいに仕上がる作り方が見つかりませんでした。

それで、試行錯誤の末に、生花とほとんど変わらない
美しく仕上がるアメージングドライフラワー製法を考案したのです。

『アメージングドライフラワー製法』
生花とほとんど変わらない色と姿を残して
本当にきれいなドライフラワーを作ることができます。






アメージングドライフラワーにできる花・できない花


シリカゲルではドライフラワーにできない花や
自然乾燥では花びらがくしゃくしゃになってきれいに仕上がらない花も
アメージングドライフラワー製法なら
ほとんどの花を美しい姿のまま乾燥させることができます。


最近人気のラナンキュラスも、生花のように美しいドライフラワーに仕上がりますよ。
ラナンキュラスは薄くて繊細な花びらが多く巻いていますから
ドライフラワーにしにくい、できない花のように思われがちですが
アメージングドライフラワー製法ならとても簡単です。

大輪八重咲きのラナンキュラスのアメージングドライフラワー
大輪八重咲きの黄色いラナンキュラスのアメージングドライフラワーの画像


生花に見えますが、この通りドライフラワーですよ。
水分が抜けて茎が細くなっていることで
本当にドライフラワーだとおわかりいただけると思います。

水分が抜けて茎が細くなっているラナンキュラスのアメージングドライフラワーの画像

一般的なラナンキュラスのドライフラワー画像と比較 >>>


シリカゲルでガーベラのドライフラワーを作りますと
花びらが縮んでシワシワになってしまいますが
新製法ではほとんど生花と変わりません。
生花のように美しいガーベラのアメージングドライフラワーの画像

一般的なガーベラのドライフラワー画像と比較 >>>


フリル咲きトルコキキョウのアメージングドライフラワー

フリル咲きトルコキキョウのアメージングドライフラワーの画像

一般的なトルコキキョウのドライフラワー画像と比較 >>>


カラフルなスイートピーのアメージングドライフラワー

カラフルなスイートピーのアメージングドライフラワーの画像

一般的なスイートピーのドライフラワー画像と比較 >>>


大輪八重咲きが華やかで美しい、ピンクのアネモネのアメージングドライフラワー
繊細な花びらですから、ドライフラワーにしにくそうに見えますが
ご覧のとおり、アネモネも美しいドライフラワーに仕上がりますよ。

大輪八重咲きのピンクのアネモネのアメージングドライフラワーの画像

自然乾燥のアネモネのドライフラワー画像と比較 >>>


ドライフラワーにするのがむずかしいクリスマスローズも
生花とほとんど変わりません。
クリスマスローズのアメージングドライフラワーの画像

一般的なクリスマスローズのドライフラワー画像と比較 >>>



生花のようにみずみずしく美しい
チューリップのアメージングドライフラワー
生花のようにみずみずしいチューリップのアメージングドライフラワー画像"

一般的なチューリップのドライフラワー画像


綺麗なオンシジュームのアメージングドライフラワー
美しいオンシジュームのアメージングドライフラワー画像

一般的なオンシジュームのドライフラワー画像 >>>


胡蝶蘭のアメージングドライフラワー
少し透けた花びらもまた美しいです。

胡蝶蘭のアメージングドライフラワーの画像


デンファレのアメージングドライフラワーも
とても簡単で、驚くほど美しく仕上がります。

デンファレのアメージングドライフラワーの画像


ちょっと信じられないほど豪華な
大輪八重咲きユリのアメージングドライフラワー

大輪八重咲きユリのアメージングドライフラワーの画像

一般的な自然乾燥のユリの画像と比較 >>>


【作ることができない花】

カサブランカのような大輪のユリ、ユーチャリス
極端に花びらの多いダリアやヒマワリなどの大輪のキク科の花


【自然乾燥でも作ることができる花】

花の中には、わざわざアメージングドライフラワー製法で作らなくても
ドライフラワーにすることができるものもあります。

市販のドライフラワー花材が、これらの簡単にドライフラワーにできる
花たちばかりであることがわかります。

ミモザ
生花のミモザ
カスミソウ
生花のカスミソウ
花かんざし
生花の花かんざし
ラベンダー
生花のラベンダー
スターチス
生花のスターチス
ヘリクリサム(帝王貝細工)
ヘリクリサムのハーバリウム

そのほかにも、「千日紅」や「カーネーション」も
ハンギングで簡単にドライフラワーにすることができますが
ガクや茎の緑色が褪色することがあります。





作品の作り方~アレンジ・飾り方・保存


アメージングドライフラワーも
普通のドライフラワーと同じように
『レジンアクセサリー』『レジン雑貨』
『ドライフラワーアレンジメント』『リース』
『スワッグ』『ハーバリウム』などの
花材として活用することができます。


【レジンフラワーの作り方】

このドライフラワー製法は、レジンに美しい花を閉じ込めて
これまでにないレジンフラワー作品が作りたくて
試行錯誤の末に考案した技法です。

シリカゲルで作ったドライフラワーをレジンに入れますと
乾燥時に縮んでできた花びらのシワの陰影が強調されて
とても生花には見えません。

アメージングドライフラワーをレジンに封入しますと
まるで生花を閉じ込めたように見えます。

ただ、レジンの中に完全に密閉されている花が
少しずつ褪色したり、劣化していくことがあります。
それにはもちろん理由があるのですが
劣化の原因とその対処の仕方を解説して
美しいレジンフラワー作品の作り方を
お教えするのが『レジンフラワーテキスト』です。

レジンフラワーテキストの中身をお見せしている画像

レジンフラワーテキストには作品のレシピはありません。
また、他団体のようにシリコンモールドを
次々と販売することもありません。

最近は市販のシリコンモールドを使って
レジンアクセサリーなどの作品を作ること
そしてそれを販売することが当たり前になってしまいました。
でも本来は原型から自作して、その型をシリコンで取って
それにレジンを流し入れて作るのが
本当の意味での『オリジナル作品』です。

私はオリジナリティをとても重視していますから
ユーザー様がお作りになりたい作品の
制作をサポートをさせていただいています。

テキストでは写真付きでくわしく解説していますが
わからないことや、うまくできない場合には
メールやお電話でご質問にお答えしています。

生花のように美しいドライフラワーを自作して
永く劣化、褪色しないレジンフラワー作品を
ぜひあなたも作ってみてくださいね。

レジンに自作のドライフラワーを封入したレジンアクセサリー レジンに自作のバラのドライフラワーを封入したキューブ型のレジン作品

レジンに自作のバラのドライフラワーを封入したケーキをイメージしたレジンフラワー作品

レジンに自作のスミレのドライフラワーを封入したレジンフラワー作品

レジンに自作の山野草の花のドライフラワーを封入したアロマディフューザー

レジンに自作のノースポールのドライフラワーを封入したレジンインテリア雑貨

レジンに自作のハーブのドライフラワーを封入したレジンフラワーの置時計

自作のシリコンモールド(シリコン型)からシクラメンのドライフラワーを封入したレジンを取り出している作業風景画像

山野草や苔のドライフラワーを封入して流木と融合させたレジンテラリウム作品 
 
レジンに自作のシュンランのドライフラワーを封入したレジンフラワーの置時計





【ドライフラワーアレンジメントの作り方】

ドライフラワーアレンジメントを作る場合
茎を付けた状態でドライフラワーを作って
生花のアレンジメントと同様に作る方法と
花の下に茎を少し残してカットしてドライフラワーを作り
残した茎にワイヤーをテープで巻いて
アレンジする方法の二通りがあります。

アメージングドライフラワー製法は
埋設材で埋めて花を乾燥させますから
茎付きですと使う埋設材が多くなりますので
仕込みが大変になりますから
茎を短くカットしてドライフラワーを作り
ワイヤリングで茎を作る方法をおススメします。


【ドライフラワーリースの作り方】

ドライフラワーでリースを作る場合、花(ヘッド)だけをドライフラワーにして
グルーガン(スティック状の樹脂を熱で溶かして接着する工具)で
接着して作るのが最近の主流です。
グルーガンは100円ショップやホームセンターなどで売られています。

ドライフラワーの接着に使うグルーガン ドライフラワーをグルーガンでリースに接着している画像


リースに使う花材をすべてアメージングドライフラワー製法で作るのは
ちょっと大変かもしれませんから
作品のメインとなる花をこの製法で作って
サブの花材は市販の花材を使うといいでしょう。

また、市販のドライフラワーリースを利用して
あまりきれいではない花をアメージングドライフラワーに替えるだけでも
作品の印象がガラッと変わりますよ。

市販のドライフラワーリース 市販のドライフラワーリースの花をアメージングドライフラワーに替えたリース


【ドライフラワースワッグの作り方】

スワッグの作り方にルールやコツはあまりありません。
飾りたい花を「ワシャッ!」っと、無造作にたばねて
自然素材のひもで結んだだけで、いい感じのスワッグになりますよ。
たばね方よりも花の美しさの方が重要です。

生花のようにやわらかなスイートピーの
アメージングドライフラワーのスワッグ
スイートピーのアメージングドライフラワーで作ったスワッグ

一般的なスイートピーのドライフラワー画像と比較 >>>



【フラワーボトル、ドームフラワーの作り方】

ガラスボトルやドーム型の容器にドライフラワーと
製法で使用する乾燥剤を一緒に入れて
コーキング剤で接着して密閉して
直射日光の当たらないところに飾りますと
数年は劣化しません。


スリムなコルク瓶にミニバラのアメージングドライフラワーを入れた
ボトルフラワーのインテリア雑貨。


スプレーバラのドライフラワーを細いコルク瓶に入れたボトルフラワー


シクラメンをひと株そのまま乾燥させた全草ドライフラワーを
ガラスドームに密閉した植物標本。

シクラメンをひと株そのまま乾燥させた全草ドライフラワーをガラスドームに入れた植物標本画像 シクラメンをひと株そのまま乾燥させた全草ドライフラワーをガラスドームに入れた植物標本画像

一般的なシクラメンのドライフラワー画像と比較 >>>


【ハーバリウムの作り方】

アメージングドライフラワーをハーバリウムにしますと
花びらにシワがないから、オイルの中でも花はみずみずしく
生花のようにとても美しいです。
ハーバリウムオイルに漬ける前に
しっかりと乾燥させると長持ちしますよ。

アメージングドライフラワーのミニバラで作ったハーバリウム

一般的なバラのドライフラワー画像と比較 >>>






ドライフラワーの劣化・経過観察結果


ドライフラワーの鑑賞期間、つまりどのくらい美しさが保たれるかは
飾り方と環境によって大きく変わります。
ドライフラワーの性質を理解することで
永くドライフラワーを楽しむことができます。


【密閉状態で飾った場合】

密閉できる容器やディスプレイ用材に
アメージングドライフラワー製法で使用する乾燥剤を一緒に入れて飾った場合
直射日光や高温にさらさなければ、数年は劣化しません。

ただし、シリカゲルを入れた場合は
夏の閉めきった室内で高温になりますと
シリカゲルが吸水した水分を放散してしまい
それによってドライフラワーが傷むことがあります。

ミニバラをコルク瓶に入れたインテリアフラワー

コルク栓は完全密封ではありませんので
シリカゲルを入れても1ヶ月ほどで劣化することがありますから
花が褪色しましたら、新しいドライフラワーを交換しましょう。


【そのまま飾った場合】

容器やディスプレイ用材に入れずに
室内にそのまま飾った場合は、湿気と温度によって
徐々に劣化していきます。

湿度と温度は季節やお住まいの地域の環境、室内環境によって
大きく左右されます。
簡単に申し上げますと、高温多湿では速く劣化して
低温低湿では数ヶ月飾って楽しむことができます。


花の種類や花びらの数、形状によりまして
鑑賞期間は大きく変わります。


冬季の乾燥した環境
リンドウ 11月~3月の経過観察結果
11月10日
3月14日


バラ 12月~3月の経過観察結果
12月30日
3月14日


アスター 1月~3月の経過観察結果
1月3日
3月14日


高温多湿の環境
アジサイ 6月~8月の経過観察結果
6月20日
アジサイのアメージングドライフラワーの劣化・経過観察6月20日の画像
6月30日
アジサイのアメージングドライフラワーの劣化・経過観察6月30日の画像

7月24日
アジサイのアメージングドライフラワーの劣化・経過観察7月24日の画像

8月23日
アジサイのアメージングドライフラワーの劣化・経過観察8月23日の画像

ダリアとバラ 7月24日~8月23日の経過観察結果
ダリアとバラのアメージングドライフラワーの劣化・経過観察7月24日の画像 ダリアとバラのアメージングドライフラワーの劣化・経過観察8月23日の画像

アメージングドライフラワーの場合は

生花が数ヶ月かけて、自然乾燥でドライにした
ナチュラルドライフラワーのような風合いに変化していく』


という印象ですから、ナチュラルドライフラワーを
好まれる方も多いことを考えますと
褪色してきてからでも
さらに永く鑑賞することができる、と言えると思います。


冬は気温が低く乾燥しているので、傷みやすいスイートピーも
長く飾って楽しむことができます。

ダイニングキッチンの壁に飾って、12月23日から2月25日の経過観察結果
ダイニングキッチンの壁に飾ったアメージングドライフラワーで作ったスイートピーのスワッグの12月24日の画像 ダイニングキッチンの壁に飾ったスイートピーのスワッグの2月25日の画像

このあと5月まで飾っていました。



【もちのいい花・劣化しやすい花】

◆もちのいい花◆
バラ、カーネーション、スターチス、花かんざし、カスミソウ
ヘリクリサム(帝王貝細工)、リンドウ、トルコキキョウ
ラナンキュラス、アネモネ、アジサイ、ラベンダー
ワイルド(ネイティブ)フラワーなど

バラのアメージングドライフラワーの花束の画像  ワイルドフラワーのセルリアのアメージングドライフラワーを飾っている画像


◆劣化しやすい花◆
スイートピー、コスモス、桜、アルストロメリア
パンジー・ビオラ、ユリ、胡蝶蘭(ラン科の花)など

スイートピーのアメージングドライフラワーの花束の画像 アルストロメリアのアメージングドライフラワーの花束の画像


制作キットの内容と製法の活用方法


当方はスクールではありません。
オリジナル新製法ドライフラワー制作キットのネット販売で
対面やリモートでのレッスンは行っていません。

アメージングドライフラワー製法は簡単ですから
制作キットに付属のテキストをお読みいただければ
どなたでも美しいドライフラワーを作ることができます。

もちろんご質問がございましたら
メールやお電話でおたずねいただけましたら
なんでもお答えしますのでご安心くださいね。


アメージングドライフラワー制作キット画像

【制作キットの内容】


・テキスト (全52ページ)
・乾燥剤 (500g)
・埋設材 (1000g)
・ドライフラワー保管用シリカゲル (300g)
・仕込み容器 (800ml)
・仕込み用ボトル
・密閉容器
・濾し器
・ロート
・kクリーニング用の筆
・半立体ドライフラワー用ネット


アメージングドライフラワー制作キットに付属のテキスト画像

【テキストの内容】

・はじめに
・花えらび
・基本製法
・クリーニング
・再乾燥
・脱気・減圧製法
・半立体ドライフラワー
・乾燥剤の処置

★ここの解説がとても重要!★
・美しいドライフラワーのための化・科学
  ドライフラワーが傷む原因
  アリル・イソチオシアネートによる美しい仕上がり
  アントシアニン発色法
  白い花が透ける原因
  花びらが落ちる原因
  低温でのドライフラワー制作と植物の呼吸

・レジンフラワー
  エポキシレジン成型に必要な物
  エポキシレジンの扱い方
  レジンに封入する時の注意事項
  グラスフラワーの作り方
  レジンフラワーの劣化とレジンの変質
・レジンコーティング
  作業手順
  注意事項
  レジンコーティング強度実験


※資材の種類・形状は予告なく変わることがありますが、用途は同じです※
※セットの資材の使い方は、テキストでご説明しています※
※乾燥剤など、資材の製品名をお教えすることはできません※



【アメージングドライフラワー製法の活用方法】

私はこの新製法の権利を独占することなく
みなさんと一緒に楽しみたいと考えています。

◆趣味の創作
◆教室でのレッスン
◆ドライフラワーを使った作品の販売
◆ドライフラワー花材の製造販売

など、自由にご活用いただいて結構です。
当方への連絡・承諾も必要ありません。

すでに多くの個人のユーザー様、教室、花卉生産者が
商業利用されていますよ。
ぜひご活用くださいね





よくあるご質問


Q,乾燥剤と埋設材は繰り返し使えますか?

A,乾燥剤は使用後にオーブントースターで30~40分加熱して
水分を蒸発させることで、くり返し何百回でも何年でも
使い続けることができて、吸水力が劣化することもほとんどありません。

埋設材は水分を吸いませんから、使用後は元の容器に戻して
そのまま次のドライフラワー作りに使うことができます。

Q,制作キットの乾燥剤と埋設材でどのくらいのドライフラワーが作れますか?

A,ミニバラでしたら6~10輪ほど、中輪大輪バラなら
1輪をドライフラワーにすることができます。

Q,アメージングドライフラワーはどのくらいもちますか?

A,飾り方と季節や天候、環境にもよりますが
バラの場合、高温多湿の季節で1~2ヶ月
冬季など乾燥している季節は4~6ヶ月程度です。
生花のようなドライフラワーが、ゆっくりと時間をかけて
自然乾燥のナチュラルドライフラワーのような風合いになっていきます。

花によってはすぐにしおれてしまうものもあります。

Q,乾燥剤や埋設材は追加で買うことはできますか?

A,下のページでいつでもお求めいただくことができます。

資材のご購入はこちらから

Q,自分の教室でアメージングドライフラワー製法を教えてもいいですか?

A,ご自由にどうぞ。

Q,アメージングドライフラワーで作った作品を販売してもいいですか。

A,もちろん結構ですよ。

Q,直接指導していただくことはできますか?

A,アメージングドライフラワー製法のご利用者様は
日本中にいらっしゃいます。
すべてのユーザー様と等しく接したいと思っていますので
不公平のないように直接のご指導はご遠慮させていただいています。
ご質問はメールまたはお電話で、なんでもおたずねください。